PS色いじりスクリプト

Photoshopで描画色を少し明るく・暗くする、描画色と背景色の中間色を作る、指定した3色の混色サンプルを作る、描画色の輝度・彩度を変更したサンプルを作るというスクリプトです。

目次
概要
使い方
ダウンロード

概要

Photoshopでドット絵を描こうとしていた時に、もうちょっとくらい色や明るい色でグラデーションにしたい、中間色を手軽に用意したいという理由から作成したスクリプトです。
上にレイヤを用意してですとか、塗りつぶしの%を変更してですとか、2色のRGBを調べて足して割ってという作業が面倒で。
自分用に作ったものではありますが、使えそうでしたらご使用ください。

Mac 10.11にPhotoshop CS5で動作しています。

ps_color_ld.jpg

描画色明るく・暗く:描画色を少し明るく・暗くします。

ps_color_ld.jpg

中間色作成:描画色と背景色の中間色(RGBの各成分をそれぞれ足して2で割った結果)を新たに描画色として設定します。

ps_color_ld.jpg

輝度彩度サンプル:描画色の輝度を0から100までの10区切りの11色、彩度を0から100まで10区切りの11色、計22色のサンプルを作成します。
混色サンプル:3色を選択後、RGB成分それぞれ割合調整したサンプルを作成します。

使い方

zipファイルを解凍し、Photoshopのスクリプト用フォルダに入れてください。
5つファイルがありますので、必要なものだけ使用していただければ。
ColorMix.jsx:中間色作成
ColorDarker.jsx:描画色暗く
ColorLighter.jsx:描画色明るく
ColorLD.jsx:輝度彩度サンプル
ColorMixSample.jsx:混色サンプル

私の場合は、「/Applications/Adobe Photoshop CS5/Presets」にjsxファイルを入れています。

Photoshopのファイルメニューのスクリプトから使用できます。
ショートカット登録をしておくとより便利です。

ダウンロード

ファイルを入手する

上の画像をクリックすると、ダウンロードが始まります。
zipファイルにまとめていますので、解凍してPhotoshopのスクリプト用フォルダに入れてご使用ください。

 サイドバー